健康保険とは医者にかかったときに医療費の負担を抑えるものです。本来であれば、治療費の全額を病院などに払う必要がありますが、それが3割負担に抑えることができます。
7割の分は国や企業が負担をしてくれます。
病気になったときのために備えておくことからも保険と呼ばれています。特に、大きな手術になった場合には手術の代金が莫大になることもあるので、入っている人が非常に多いです。
健康保険には様々な種類があります。
国民健康保険は誰でも入れるもので、それ以外にも会社で入れる組合などの健康保険、公務員が入れる共済などがあります。国民健康保険は自治体に対して、払う公的な保険です。保険料は自治体によってかなり異なります。
インターネットなどで額を調べることができますが、高い自治体と低い自治体で、金額に差があります。そういったことからも、保険料の安いところに住もうとする人もいます。国民健康保険は自営業や無職、パート、アルバイトの人などが主な加入者です。
一方、会社で入れる組合などの健康保険では、会社員が入ります。
多くの会社では強制加入となっています。
その場合、給料から保険料が天引きされています。
この保険の場合は会社と加入者の折半で保険料を払うため、加入者の払う額は半額になります。
そのため、国民健康保険に比べると保険料が安くなる場合があります。また、こちらは会社を辞めた後にも、2年間は継続してその会社の保険に入っていることができます。
ただし、やめた後に継続する場合は折半ではなくて、全額を自分で支払うことになります。
よって、払っていた額の2倍の保険料を納める必要が出てきます。
しかし、一部の自治体では保険料がそれを上回ることもあるため、どちらが安いのかは自治体によって様々です。
また、年収によっても払う額が違うため、役所の担当者に年収を申告すると答えてくれる窓口もあります。そちらの担当者がおおよその保険料を教えてくれます。


Archives